文字サイズ

よくあるご質問

歯周病ってなに?

歯周病とは、歯を支える歯茎やその下にある骨が壊されていってしまう病気のことを言います。
歯と歯茎の間に細菌が繁殖することで感染し、歯の周りに炎症が起こります。
20代~80代の約80%※が歯周病を患っていると言われており、生活習慣病の1つとも考えられています。

※2011年歯科疾患実態調査(厚生労働省)より

なぜ歯周病になるの?

歯周病の主な原因は歯垢の中の細菌です。

歯垢1mgの中には10億個の細菌が住み着いていると言われ、この中に歯周病菌を引き起こす細菌も存在しています。

歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化して歯の表面に強固に付着します。

この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けることで歯周病が進行します。
また喫煙、糖尿病、ストレス、栄養障害、骨粗しょう症なども、歯周病のリスクファクター(危険因子)と言われています。

歯周病のメカニズム歯周病のメカニズム

歯周病の症状(特徴)ってどんな感じ?

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる疾患で、歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)、歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤くなったり腫れたりします。
進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

症状としては、歯肉の腫れや出血、口臭、歯茎下がり、歯の動揺などです。またものを噛むと歯が痛んだり、歯がしみたりします。

全身の病気と歯周病が関係あるってホント?

歯周病菌によって歯周組織に炎症が起き、深い歯周ポケットが形成されるような状態になると、歯周ポケットから生体内に侵入した細菌などが、歯肉の血管を通じて血液に流れ込み、これが全身の組織や臓器に何らかの悪影響を与えると考えられています。
近年、さまざまな研究結果から、歯周病が多くの疾患に影響を及ぼし、その発症や進行のリスク因子になることが明らかにされています。

歯周病は女性を狙う?

妊娠期は様々な要因により、口腔環境が悪化しやすい状態にあります。
例えば妊娠すると唾液の性質が酸性に傾き口腔内のpHを下げてしまうため、酸味の強い食品や甘いものなどを口にする回数が増え、むし歯になりやすくなります。
また出産前は女性ホルモンが増えるため、女性ホルモンを栄養源にする歯周病原因菌が増え、歯周病に罹患しやすくなると言われています。

この歯周病が原因で早産、低体重児出産も起きているので、特に妊婦さんは歯周病の予防に努めることが大切です。
このようにむし歯や歯周病などお口のトラブルが起こりやすくなる妊娠期は、つわりによりなかなか歯みがきが出来ないというママも多く、ますます口腔環境を悪化させてしまう事がよくあります。
手軽に口腔ケアできるグッズとして、マウスウォッシュがおすすめです。

むし歯菌ってなに?

むし歯の原因となる菌です。
この原因菌はいくつかありますがその中でも代表的なむし歯菌はミュータンス菌です。
ミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在せず、そのほとんどがおうちの方の口の中からうつるので、注意してあげることが大切です。

むし歯はどのようにしてなるの?

分かりやすくイラストで解明!

むし歯は歯だけの問題じゃない

むし歯があると食物を十分に噛み砕くことが出来ず栄養が十分にとれないため、発育・発達が遅れることがあります。
またむし歯が原因で片側だけで噛み続けることになると、顎の発達がいびつになったり、ゆがんだ顔になったりする場合があります。
さらに、むし歯が進行すると細菌や細菌の毒素が血管に侵入し、体内の別の場所で病気を引き起こすこともあります。
口内環境を整えるということは、身体の健康にも直結することなのです。

PAGE TOP