文字サイズ

~むし歯とL8020乳酸菌とわたし~(大学研究室卒業生)

私は、大学生の頃にL8020乳酸菌を使った研究を行っており、主にL8020乳酸菌がむし歯の原因菌や歯周病原因菌、カンジダ症の原因菌の発育を抑制するかどうかの試験(抗菌試験)を行っていました。
L8020乳酸菌がむし歯などの原因菌の発育を抑制している状況を目の当たりにすることで、L8020乳酸菌の凄さというものを日々実感していました。

私がこの研究を始めたのは、「L8020乳酸菌がむし歯の発育を抑制する力を持っている」ということに大変興味を持ったからです。「むし歯はできてしまうもの」「痛い思いをして治療するもの」と思っていた私にとって、この事実は実に衝撃的でした。

というのも、私は小学校に入学する前の歯科検診でむし歯が6本あると言われ、毎週のように歯科医院に通院していました。何度行っても慣れない治療の音と痛みに涙を流していたのを、今でも覚えています。そして、もう二度とむし歯にはなりたくない、と治療する度に思っていました。

むし歯になりやすい口腔内になるかどうかというのは、3歳までに決まると言われており、小さい頃からオーラルケアの一環として、このL8020乳酸菌を摂取していれば私もむし歯であんなに歯を痛めることはなかったのにと思います。

「からだの健康はお口から」と言われるように、健康を保つ上で「口」は大変重要な器官であると考えます。たくさんの方のお口、更には体の健康を保てるような商品が、L8020乳酸菌を使用することによって開発され、みなさんのお手元に届くことを願っております。

PAGE TOP