文字サイズ

広島大学の二川教授によって発見されたL8020乳酸菌とは?

乳酸菌L8020乳酸菌とは歯周病、むし歯になったことのない健康な子どもの口の中から発見されたヒト由来の乳酸菌です。

歯周病菌・むし歯菌の発育を阻止する、制菌効果のある乳酸菌の一種で、ヒトの口腔内から5種類の歯周病菌とむし歯菌・カンジダ菌を効果的に抑制し、口腔内環境を健康に保ちます。

そんなL8020乳酸菌ですが、正式名称は「ラクトバチルスラムノーザスKO3株」という菌種。L8020乳酸菌は満80歳で自分の歯を20本以上保ってほしいという思いを込めて、L8020乳酸菌と名付けられました。

※キシリトールとはむし歯菌が分解できない天然素材の甘味料で、L8020乳酸菌はむし歯を抑制する乳酸菌ですので、全く異なる物となります。

L8020乳酸菌とキシリトールの違い

 

L8020乳酸菌

キシリトール

分類 乳酸菌 糖アルコールといわれる炭水化物の一種
目的 抗菌作用(むし歯菌・歯周病菌の数を減らす)
口腔環境を整える
甘味料(キシリトールはむし歯菌に
アタックしない)
由来 ヒト(口腔内に存在する常在菌)由来 植物由来
特徴 L8020乳酸菌は、むし歯の原因となる
歯周病菌、むし歯菌そのものを抑制!
キシリトールは、糖の代わりに使用される
甘味料で、むし歯の原因となる酸を作らせない!
歯周病菌への
作用
◎歯周病菌にアタック! ×
むし歯菌への
作用
◎むし歯菌にアタック! ×
だから だから

歯周病・むし歯になるリスクが減る!

キシリトールだけ摂り続けることは難しいので、歯周病・むし歯になるリスクは減らせない

歯周病菌とむし歯菌を抑制する、L8020乳酸菌

■歯周病菌にL8020乳酸菌を接触

L8020乳酸菌は歯周病・むし歯の無い子供の口腔内から分離された菌です。L8020乳酸菌は歯周病・むし歯の無い子供の口腔内から分離された菌です。

■むし歯菌にL8020乳酸菌を接触

L8020乳酸菌入水溶液10mLとの接触後に「むし歯菌」は99.9%以上死滅。L8020乳酸菌入水溶液10mLとの接触後に「むし歯菌」は99.9%以上死滅。

L8020乳酸菌は広島大学歯学部二川教授によって発見されました。

>二川 浩樹 (にかわ ひろき)

L8020乳酸菌の力をご紹介

二川 浩樹 (にかわ ひろき)

歯科医師 歯学博士 日本歯科補綴学会指導医
広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授

略歴

1986年 広島大学歯学部歯学科を卒業後、同大学大学院に入学
1990年 学研究科修了、歯学博士となる
2005年 広島大学教授
2008年 口腔健康科学科長・歯学部長補佐
2012年 同副学部長

PAGE TOP